日々のおうちごはんです。 もうごはん食べた?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まりあっち*
 
[スポンサー広告
土鍋ごはんとじゃこ山椒
すっかり涼しい・・・・は通り越して寒い今日この頃ですネ。
湯気が恋しい季節はごはんも土鍋で炊きたくなります。

go1.jpg

白ごはんにはやっぱり塩気のある箸休めでしょ!
じゃこ山椒~♪

炊きたてごはんにじゃこ山椒たまりません☆
究極の贅沢は実は質素の中にある気がします。

今日の器も旦那サンのオカン作。
写真に撮ってみるとなかなか写りがよくていい感じ。

go2.jpg

蒸気シューッ!
冬のこの湯気見てるだけでおいしそうだよね?
土鍋ごはん、実は簡単に炊けておいしいです。
この土鍋、普通に家でお鍋に活躍中の普通すぎる土鍋。

これに洗ってザルにあげて水を切ったお米と同じ分量の水を入れ
(例、カップ4の米ならカップ4の水)
蓋をして強火。

♪はじめちょろちょろ中パッパ は違います。
最初から強火でGO。
土鍋の穴からゆら~っと白い蒸気が出てきたら弱火にして10分。
10分したら火を止めてそのまま15分放置して蒸らします。
(上の蒸気の上がり具合は弱火で10分炊いてる画像です
最初の蒸気はもっと弱く出てきます)

go3.jpg

蓋を開けたら炊きたてガス炊きおいしい白ごはんー♪
底のほうには少しおこげも出来るので好きな方にはお楽しみです。

圧力鍋だともっと早いのですが、柔らかめというか水分が多いので
お櫃に移して水分を多少吸わせないとべしょっとしがちなので
硬めのごはんが好きな人は土鍋ごはんのほうが好きみたいです。

021.jpg
炊き込みご飯もおいしいです。


じゃこ山椒は本当は作る季節があってさんしょうの実が出回る頃作るようですが
さんしょうの実の下ごしらえが時間と手間がおチビのいる我が家ではかかりすぎるので
簡易版で短時間で作ってしまいます。

このじゃこは、「かちり」というちょっと乾燥して硬めのじゃこを使っています。
あの柔らかいしらすで作ると身がバラバラになってしまうのでかちりがいいです。
このあいだのサメがいた市場で1マスいくらで売ってたやつを使って作りました。

みりんと酒、しょうゆでかちりを炊いて最後にさんしょう粉を混ぜるだけ。
荒熱を取ればこんな色のおいしいじゃこ山椒。
うちは京都に近いせいか、食料品売り場で出来合いのものもよく売ってますが
甘すぎてちょっと苦手なのです。

名古屋にはじゃこ山椒という惣菜文化がないのでずっと知らずに育ちましたが、
知人の方が料亭に出入りしている業者さんで、ある日、ビニール袋一杯の
まかない用じゃこ山椒をもらったと下さったのです。
魯山人の流れを汲む有名なお店で滅多やたらに行ける場所ではなく
どこぞの奥様でも憧れの料亭だったのですがビニールっていうか、
スーパーの白い袋にてんこもり。

器が変わると印象も違いすぎです(笑)
でも、まかないといえど本当においしくて、これ、なに?
と、まだネットもない頃、名前も知らずに大きな書店をかたっぱしから
見た目だけを頼りに料理本を読んでは探してやっと名前を見つけたのです。

そんな時代なのでレシピを探すのもネットのようには簡単ではなく
誰も教えてなどくれないのであれこれ試行錯誤しましたが
おかしなものを何度か作っては失敗したのを思い出しました(笑)

当時はどこを見ても今住んでいるところのように季節になると
さんしょうの実など売っていなかったのであの実は何?と
ないながらも近いところまで近づいたのがさんしょう粉だったわけです。
売ってるのはグリーンの青い実で、まずさんしょうの実を佃煮にしないといけないそうで^^;
うわー。おチビいるしそんな時間ないので無理ムリー。

そんな方に手軽にどうぞ。
なんちゃってだっていいじゃない。
手軽においしければ幸せなのです^^
しかも無添加よ~


そのまかないのじゃこ山椒は、
しばらくするとあまりにおいしいのでまかないなのに
お金払ってでもいいから売ってくれと口コミでだんだん広がって
ついにお店でカップに入れて売りだされたそうです。
買ったものも頂いたことがあるのですが、小さなプラカップにちょこーっと入って
結構なお値段だったのでスーパー袋いっぱいもらっちゃったあれに換算すると
いったいいくら?^^;とちょっと怖くなったりウヒヒと思っちゃったりしました(笑)

今では下さる方もいないのでおうちでなんちゃってに作ります^^
お茶漬けにしてもおいしいよ~














スポンサーサイト
Posted by まりあっち*
comment:6   trackback:0
[和食]  thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活
特製タレを作る為のチャーシュー
※12/13日 追記:モバイルサイトC1000TVでレシピが紹介される予定です


みなさまおひさしぶりです。
家の中が汚すぎです(笑)
不用品出品&掃除に励んでおります。
でもちっとも綺麗にならないんだな、これが(笑)

さて、今日は焼き豚。
yaki1.jpg

と、いうか茹で豚が正解だと思うのですが、
形式上はチャーシューってやつです。

レシピらしいレシピや技なんてありゃーしません。
用意するものは醤油1本と豚の塊(腿、バラ、ヒレあたりをお好みで)だけ。

なめてんのかー!
って叱られそうです。

いやいや、ちょっとまってまってー。
これ、実はタレを作るのに必要なんですのヨ。

ラーメン屋さんに行くと上に乗ってるチャーシュー。
あれって実はラーメンタレを作るのがメインでチャーシューは副産物なんです。

このタレ、いろんなところに使えていい仕事するので是非作り置くと
いいのです。レシピ書く時、これを使う時もあるので最初に書いちゃおう、と思いました。


工程は簡単です。

****材料******

醤油 1本
豚バラ肉 3~4本 (画像はタレを取るより肉を食べる用だったのでモモです)

おすすめはバラ肉です。
理由は油も味のうちだからです。


****作り方********

1、鍋に醤油と豚塊肉を入れる。

2、中まで火が通るまで加熱する。(けっこう強火でおっけー)

3、荒熱が取れたら肉を引き上げてタッパーなどに入れて冷蔵庫で保管。
※食べきれないものはラップをして冷凍可。
細かく切って冷凍しておけばチャーハンに使えます

4、残った醤油は醤油のボトルに戻して冷暗所で保存。
※冷めると多少ボトルの上澄みに白い油が出ますが大丈夫です。
あまりに油が多い時や油が不要な場合は鍋で冷めたときにすくい取って下さい。
すくい取った油はラードとしてチャーハンや炒め物の油、スープに少量
使用すると旨みがよく出ます。


注意:絶対に水は入れないで下さい。タレが腐ります。

*****************

で、この特製タレを使って炒め物やスープを作ると
滅茶苦茶おいしくなるわけです。豚エキスたっぷり沁み出てますから。
ラーメンスープはこのタレをスープで割って醤油味にしているわけです。
これは、うちの祖母が中華そばを店で出していた時のチャーシューの作り方を
私の母から習ったものです。

昔、うどん屋さんで出て来た「中華そば」というラーメンは
厚削り節をじっくり煮だして、このタレとラードを入れたどんぶりに注いだものがスープになります。
寒い夜におうちでラーメンもおいしいですよ。
中華麺とねぎが揃えば我が家でラーメン屋さんです。

提供する際には、ラーメンばちはお鍋の中の熱湯に直前まで入れておいて下さい。
熱いスープを入れてもどんぶりが冷えてるとアツアツにならずすぐ冷めてしまいます。
風邪引いたときもどんぶり温めてみてね。
おうどんだってアツアツですぐ風邪が治ります^^


ところで、こんなことを書いておいてうちでは滅多にラーメン作りません。
面倒くさい ・・・・。
いえ、材料揃える前にチャーシューが家族によって食べられてしまうからです!^^;
でも、おいしいので食べたくなるんだけどね。

yaki2.jpg

食べ方汚っ!(みなさまごめんなさい)
普段あんまりごはん食べない困ったチャンおチビも意欲的にワシワシ食べます。
無添加、無加調だから幼児もオッケーよ~。

外国で中華麺が手に入らない方は、パスタのカッペリーニだの一番細い麺を
重曹を加えた熱湯で茹でてご使用下さい。
なんと!茹でてる間にもなつかしのラーメンの匂いが!
中華麺に加えるかんすいの代わりに重曹で化学変化をおこしてラーメンにしてしまうのです。
たまご入りパスタを使うとよりラーメンに近い味になります。お試し下さい^^


うちの旦那サンはこのタレとチャーシューをチャーハンに使うと神だ!と
言います。(どんだけお気に入り?^^;)

そういえば、おねーちゃんが幼稚園児の時、ご近所に卵が嫌いで一切口にしない
お友達がいたのですが、このチャーシューとねぎ、卵、ウエイーパー少々とこのタレで作った
チャーハンを食べたのですが、私はそのときまで卵大大大嫌いなんて知らなくて。
普通に完食して帰ったのですが、翌日、その子のおかーさんが涙目で訪問してきたのです^^;

わぁ!なんだ!どうしたの!と尋ねますと、(ママ友です)
「おかーさんの作るごはん、まずい!おねーちゃんちで作り方聞いてきてよ!」と
なじられたというではありませんか!ひどすぎるっ^^;
男の子ってたまに荒い事いいますね。

決してママ友がまずい料理を作ってるわけではないのです。
卵嫌いなその子のために必死でたまごレスのおべんとうも作ってあげていたし
ちゃんとお料理できる人だったのですが、どうも卵が大嫌いなのに、このタレで作るごはんは
食べられる!あれを家でも作ってよ!ということだったようです。

お友達家では、チャーシューは紅茶で茹でて砂糖と醤油で味付けをする、という
おいしそうな調理方法だったのですが
た、、多分このタレだよ^^;とうちにあったボトルのままあげました。
タレの作り方も教えてあげた頃にはママは笑顔に戻り、帰って行きました。
あの子はもう卵を普通に食べられるようになったかな?
きっと、あの子の大好きなラーメンの味にそこはかとなく似てるから
おいしかっただけに違いないんですよ(笑)


好き嫌い克服はさておき、
大根の煮物やスープ、ちょっとした炒め物、八宝菜などに
まろやかで後を引く抜群の旨みを出すので是非作ってみて下さいネ。



Posted by まりあっち*
comment:6   trackback:0
[和食
牛蒡のあまから
※レシピ分量を正しく載せました。
そそっかしくてごめんなさい^^; 12/2記載


画像を撮りためすぎました。
しばらくはちょっと前に作ったごはんばっかりかも。
gob1.jpg

これ、うちの旦那サンが大好きな一品です。
ゴボウに片栗粉をまぶして唐揚げしたら、すきやきの素で加熱しながらあえるだけ。
簡単なんだけど、これがまた野菜だけなんて思えないおいしさなのです。

あら!割り下なんて簡単に作れるのに?って思った?^^;
うちの旦那サン、独身の時のクセですきやきの素(タレ?)が安いとすぐに沢山買ってきちゃうの。

今まで自分で安い時に沢山牛肉のいいところを買ってきてくれて
料理してって言われてましたが、血管系の病気をしてるので、もう禁止にしたの。 ←やはり鬼嫁w

だって、油身が大好きでサシが入った霜降りばっかり買ってくるんだもん^^;
たまに食べるごちそうを、平素食べすぎてはいけませんー。
最近はやっと慣れたらしいです。肉も鶏をメインにたまに豚、たまのごちそうに牛、くらいで
満足出来るようになったとか。

だから、すきやきの素、あまりに余ってたのです。消費しようと思って作ってみたのが最初。
お手軽に作れるので便利かも。

ぜーったいおいしいので試してみて欲しいですよ。


材料

ごぼう 2本
片栗粉 大さじ6
水 10ml

すきやきの素 50ml
(割り下で作る場合は)
  醤油、味醂、酒、砂糖でお好みの配合で。

薬味ねぎ 1本
糸唐辛子(なければ普通の一味唐辛子でオッケー)



作り方

1、皮を落として薄切りにし、水にさらしてアク抜きしたゴボウに
片栗粉と水少々を入れてからませたら天ぷらを揚げるくらいの温度で揚げていきます。

2、油をよく切ったら熱いうちに別の鍋に入れ、すきやきの素(または割り下)を入れて加熱、あえるだけです。



適度なソフトさと、カリカリ感を残すため、2はサッ!とがいいと思います。
あんまりふにゃふにゃだとおいしくないので。


ごはんがとっても進んで困ります(笑)
うちはお酒を飲むことがあんまりないんだけど、お酒も進むらしいです。










Posted by まりあっち*
comment:6   trackback:0
[和食]  thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活
冬瓜のトロトロあったかスープ
寒いね~。
急に我が家も寒くなって昨日の朝は今秋初めてガラス窓に水滴がついてました。

そしてちょっと風邪ぎみ。
よけいに寒ッ!
こんな時はあったか汁物であったまろ。

tou1.jpg

こういうときって優しい味でとろみのある味が食べたくなる。
昆布、乾物しいたけ、かつお節でゴージャスに出汁を取り、
醤油、味醂、塩を少々。
ウマウマなエキスたっぷりを吸わせたトロトロに煮込んだ冬瓜。
フワフワ鶏つみれ、隠し味にごま油タラリ。ヤワヤワしいたけ。
ん~たまらん!(笑)


大きな冬瓜。とってもお値打ちだったの。
直径を計ってみたら28センチ。大きい!
tou2.jpg

産直で売ってたのですが、あまりの立派さについ、重いのに買ってしまった。
地元のおじーちゃん作。作った人の名前付き。
地の物をそれが取れる季節に食べることは体にとってもいいと聞く。
とろみを付けると消化器官にも優しくていいとどっかで聞いたのよ?
冷めづらくなるしね!片栗で最後にちょっとスープにとろみ。
今日は健康的に食べるスープで体に優しく温かにいこー。

「え~?冬瓜?遠慮していい?」という野菜嫌い旦那サン。
ひーとーくーちー食べてみなさーい!

・・・・・・。
うまいね。

でしょでしょ!
煮物を全く食べない、野菜も食べないと義母に聞いていたのですが
最近は、私の迫力の恐怖・・・・  ←幻よ!何も見えないわよね?w
私の愛情溢れる体を心配する情熱に根負けして口にするようになった旦那サン。

冬瓜は元々味らしい味なんてないとても淡泊なお味なので
旨み成分をギュギュッと封じ込めてやればおいしくなるじゃな~い?(ニヤリ)
一口食べればこっちのものよ!  ←鬼嫁ですね?(ウヒヒ。)

作りたてより、一晩置いた方がさらに味がしみ込んで
超絶おいしいので沢山作って翌日もドウゾー。



そういえば、出汁の話。
おねーちゃんの時は離乳食って3か月くらいから果汁から慣らしましょ~
なんて早かったんですが、最近は5カ月すぎからでいいそうで育児界も
変動があったようで。
その頃、昆布だしで炊いて潰したおかゆや、野菜を食べさせていたのですが
これがちーっとも食べないの(笑)笑いごとじゃないけど。

病院の小児科管理栄養士さんになぜでしょー?と相談したわけです。
なるべく塩分を控えめに出汁を効かせましょう、とあるけれど
出汁だけじゃ全く食べてくれません、と。

いろいろ話合った結果、ちっとも原因がわからなくて
「おかしいですね、うーん、昆布だし、どうやって取ってます?」と
聞かれたので「はい、お水に浸してそれから沸騰させずに弱火でゆっくり煮だしてます」
「うーん・・・・・」
「はー・・・・・」


「まりあっちかーさん、お水にどれくらい入れてから火にかけてます?」
えーっと、割とすぐ。5分くらいかな?

原因はそこでした!^^;
水に入れてしばらく放っておかないと昆布は旨みが抽出できないんですよ、って
20代と思われる滅茶苦茶若い男性に教えられてしまいました。ショックー。
そこの小児科病棟では、お昆布の出汁をタップリ効かせて、塩分は出来るだけ控え、
新鮮な野菜を使って毎日入院中の乳幼児の食事を丁寧に手作りしてます!
って誇らしげに笑顔で話す栄養士さん、
いい仕事してるんだろうなって微笑ましくなりました。
みんなよく食べてくれるそうです。

私の実家では、昆布だしをあまり取らなかったのです。
名古屋は赤味噌を使うのでかつお節を使うことが多いのか
実家ではかつお厚削り節で出汁を取っていることが多かったです。
合わせ出汁を取ってる時もあったんですが、最初から見てることがなかったので
昆布を入れてからすぐかつお節を入れて出汁を取ってるんだろうな、と
思い込んでいたようです。 ←ダメじゃん!(笑)


なんちゅーことでしょう!
基本中の基本がなっていないのによくこれまで料理してたもんです(笑)
それからおチビは昆布だしで炊いた食事を食べるようになりました。
学習したこと:昆布はよく水で抽出してから沸騰させずに弱火で煮だすこと。
ボコボコ沸騰させると汁が濁ったり臭みが出ます。 ←これは知ってた

お陰でおいしいお出汁で頂くことが出来るようになりました。
何か怪しいことしてたら、お世辞なんかいらないので
あ、そこ間違ってるよ!って教えて頂くと嬉しいです。^^

さて、レシピですが、
簡単すぎて困ったな(笑)

4人分

冬瓜 1/4個
鶏ミンチ肉 200g
片栗粉 大さじ1
ごま油 少々
塩 少々
三温糖(砂糖でも可)小さじ1/2

生姜すりおろし 1かけ
片栗粉(とろみ用)


●出汁(余分に作っていますので半分量でいいかと)

水 1.5L 
昆布  ←水の2%の分量 20g(本当は30gですよ~^^;)
乾燥しいたけ (スライス)3個分くらい
かつお厚削り節 30g


●返し(これを出汁に入れて味をつけます)
※出汁1000mlに対して入れています

醤油(濃口)100ml 
味醂 100ml
塩 少々

※薄口醤油で作る関西風の場合は塩分が濃いので醤油と味醂はもっと少しにします
私は濃口に舌が慣れてるので濃口で作ります^^
醤油とみりんは味を見て調節して下さい。計るより舌の感が大事です。



<作り方>

1、水に昆布と乾燥しいたけを入れてしばらく置き(30分程度)、よく戻ったら
グラグラ煮立たせないように弱火で出汁を取ったら一旦取り出し、
今度は中火(ちょっと強火)にしてかつお厚削り節を入れ、30分程煮て出汁を取る。
アクはこまめにすくい取る。
濾したら出汁完成。

2、1で作った出汁に皮を剥いて大き目に切った冬瓜、戻したしいたけを入れて煮る。

3、2が沸騰してくる間に鶏ミンチに片栗粉、ごま油少々、塩少々、を入れて練り、
沸騰してきたら一口大(小さめ)に丸めて鍋の中にどんどん入れる。

4、返しを入れます。弱火でコトコト煮込みます^^
火を止めて一晩置くと味がとってもしみ込んで体に染みわたるお味なので
お時間あったら翌日まで寝かせて下さいませ。

5、味が染みたら再沸騰させて(ボコボコ禁止)
生姜のすりおろしを入れ、水溶き片栗粉を入れてゆるーくとろみをつけます。
とろみと生姜であったか効果を狙います^^

薬味ねぎを散らして召し上がれ。
注ぐ器を熱湯につけておいてスープが冷めないようにするのがコツっていえばコツです。
熱々で召し上がれ~



これを食べてよーく寝たら
今日はケロッと風邪が治りました^^
冷え症の方もどうぞお試し下さいませ。
ワタクシ、ひどい冷え症でしたが、数年前から治りました。
生姜おすすめでございます。




え?余っただし汁何に使ったかって?
えっへっへ。 ←やめなさい(笑)

天ぷらの天つゆと、またまたはやとうりさんのなめたけレシピで
なめたけ!
tou3.jpg

うわぁぁぁー!
今まで瓶詰のしか食べた事なかったけど、これ別物のように超絶うまーい!!(驚)
旦那サン、なめたけ嫌いでずっと食べていなかったそうですが
これは「旨い!!」と唸って黙ってご飯ワシワシ食べておりました。
嫌いなもの、また1つ克服でございますよ~

今、冷蔵庫見たら、この画像の半分がもうなくなってる!!^^;
どんだけ食べたの(笑)
はやとうりさん、我が家の白ご飯がピンチです(笑)
滅茶苦茶減ります(笑)
おいしいレシピありがとうございました^^











































Posted by まりあっち*
comment:4   trackback:0
[和食]  thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活
いくらの醤油漬け
♪もーういーくつねーるとー
12月~

ってもう気づけば今年もあとわずかです。
ビックリした!過ぎていくのが早すぎるー。

うふふ・・・・
うっふっふ。   ←なんかブキミですね!


えっへっへ。 ←もういいから!^^;

iku1.jpg
♪いっくらーーーー。

はやとうりさんのいくらご飯のレシピで作りました。
すじこからいくらを作り、醤油を配合したタレに漬けこみます。

このレシピ旨い!おいしすぎる!!
お高い市販のいくら醤油漬けもいろんなものを食べましたが
この漬けダレは本当にまろやかで甘味と旨みがマッチしていて
醤油独特の鋭い味もなくおいしい!
家族みんなでおいしさのあまり眉を寄せてつまみぐい ←ちょっと!(笑)

実はこれ、我が家のお正月用。
魚卵は冷凍しても解凍後、味も風味も変化がないので
新鮮なすじこが特売で安く売っていたのを早速加工したのです。
お正月直前になると高くなるしね。

うちの実家はお節料理をほとんど作らない家でした。
理由は、元旦からお店も開いてるし、スーパーも開いてる、
しかも一番の理由が、せっかく作ってもみんなお節料理やおもちが嫌いで
全然食べない^^;(私もですが。おかーさんごめん)
しかもお正月は家族そろってスキー旅行にいくのが恒例でしたから
作り置きしなかったようです。

そんな実家のお正月は、寝ぼけまなこで起きてくると
おはよう~ごはんは~?
冷蔵庫にあるわよ!

そこには直径30センチ以上ある大きな鉢にめいっぱいのいくら醤油漬け。
そうです!実家はいくら大好き人間ばっかり。これさえあればダーレも文句
言わなかったからです^^;

他には父が食べる好物のタツクリ煮と、その煮汁でタレを作って漬けたかずのこ。
そんな感じでした。
だからいくらにはちょっとうるさいわよ?(笑)

だからどうしても私はお正月のごちそう=いくら醤油漬け、と思ってしまう。
大きなすじこを発見したので早速レシピどおりに挑戦!

2パックで700g近いすじこで2千円かかりませんでした。イエェーイ♪

すじこをいくらにするには2とおりのやり方があるそうですが、
私は42度のぬるま湯でほぐすのが好き。
あったかいお風呂くらいのお湯でほわほわとほぐしていると、
なんだか幸せになってくる。
私、気分が下がった時はお風呂に入るとご機嫌になるのです(笑)
体温があがるとハッピーになる体質です。
(気分が下がったときのお風呂、やってみてね☆)

1つ1つほぐしていると、この1粒1粒からは本当はあの大きな鮭になる命が宿っていたのだな、
私はその命をもらって食べて生きるのだな、と強く感じます。
1粒も粗末に潰したり、間違って流しちゃったりできません!
食べ物の本当の成り立ちを考える機会になりました。

何度も丁寧に洗ってお掃除して
タレにつけたらこんなに綺麗ないくら醤油漬けになりましたー。

ゆるま湯に漬けるといくらは白く濁りますが、
あわてない!大丈夫。60度まで大丈夫だそうです。
また冷めたら綺麗な透明になりますから綺麗に膜や筋を洗ってほぐして
お掃除します。酒とみりんを煮切ってアルコールを飛ばすのも忘れずに。
レシピどおり丁寧に作ったらこんなにおいしくて綺麗な醤油漬け!
感激ー!

iku2.jpg

コツはやはり偽物のみりんではなく、「本みりん」(お酒から造られたものが本物で本みりん)
清酒、質のいいお醤油だろうと思います。それだけで同じことをしても格段に味が変わってきます。
くれぐれもみりん風調味料ではなく、本物の味醂を使ってネ!

むかーし、まだ成人したての頃、母にみりんと砂糖はどう使い方が違うのか、とか
質問したことがありますが、その違いは「照り」が出るかそうでないかくらいだ、と
言われた事しか憶えていなくて(ちゃんと聞いとけ?すいません!)
自分で初めて買ったみりんが「みりん風調味料」でした。
あんまりみりんって砂糖と味変わらないし、おいしくないと10年以上ずーーーーーーっと
思ってました。  ←バカバカッ

ある日、偶然調味料を買おうとお店に行くと、「これはみりんです。お酒です」と書いてありました。
Σ(・ω・ノ)ノ ハッ!

も、もももしかして??
みりんが並んだ棚を探索すると「みりん風調味料」と「本みりん」があることを初めて知りました。
よく買いに行くお店にはそもそも本みりんが売っていなかったのです。気づきませんでした。
試しに醤油を本みりんで割ってイカを焼いてみると、
うわーーーー!あのどうやっても出せなかった屋台のイカ焼きの味ぃぃぃーーー!
他の料理に早速使うと味が格段に違う!おいしい!

超絶間違ってた若気の至りでした。 ←またですか!^^;(笑)
ちょっともう、早く誰か教えてよ! ←早く気づけ!


ちなみに、今回うちではみりんはタカラ本みりん、お酒は白鶴、醤油ははさめず(こいいろ)
を使って作りました。
(モニターだとか宣伝費は全くもらってませんよ^^; 絶対おいしい我が家の定番です。)
これじゃなければダメってことは全くなく、
お好みの質の良い調味料で作られるといいと思います^^



家族みんなでちょっとづつだけいくらをご飯に乗せてつまみ食いしたら
後は2つに分けてタッパーに入れて、空気が触れないように上からラップで覆い
蓋をして冷凍庫でお正月までおやすみなさい♪

iku3.jpg


産まれて初、いくら初体験おチビは
口に入れたら眉を寄せて?????という難しい顔でごはんと一緒に
もぐもぐしてましたが、プチン、といくらがはじけた瞬間、
!!!!!!!という顔になっておめめがキラキラリーン☆
もっともっと!と沢山食べました。
おいしいね~

初めて食べたいくらがこんなにおいしい漬けタレのいくらなんて、
どうしよう、おチビは市販のいくらがもう食べられないかも(笑)

旦那サンも、おねーちゃんも黙々と食べました。
人間は本当においしいと黙る生き物なのねぇ~(笑)
最後の一口を食べたあと、「うめぇ!」「おいしい!」と
どっからその声出してるの?(笑)という声で唸ってました。

お正月が楽しみです♪
でも、それまでみんな冷凍庫のいくらが気になってしょうがないの。
困ったね!(笑)

はやとうりさんおいしいレシピありがとうございました!
ごちそうさまです。






カゴメさんのケチャップレシピに応募しています。
投票も選考に考慮されるそうなので応援ポチして頂けると嬉しいです!
↓↓↓
まりあっち作 ケチャッピーもんじゃ春巻き






Posted by まりあっち*
comment:4   trackback:0
[和食]  thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。