日々のおうちごはんです。 もうごはん食べた?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まりあっち*
 
[スポンサー広告
白瓜と鶏肉の冷たい旨煮
実家の近くには産直の地野菜を売っている場所がありましたが
ここ大阪では売ってるの?と常々気になっていました。

おねえちゃんが友人のブラスバンド発表会の会場へ送って行ってというので
行った帰り道、あら!ここにあるとは知っていたけれどJAの直売所が!
駅前に近いから駐車場がないので止められないだろうと諦めていたら
止められるスペースがある。

早速買ってきました。
ここらへんは名古屋では見かけない野菜も多く、京都にも近いので京野菜も
売っていたりしてなかなか楽しいです。スーパーでお目にかかれない野菜を
いくつか買いました。

白瓜と鶏肉の冷たい煮びたし

「服部しろうり」という大きな白瓜が売っていました。
お漬物も頂きましたがカリカリしていてとてもおいしいです。
かりもりの浅漬けが好きなのですがちょっと似ています。

どうやって食べるのかとお店の人に尋ねたら、かみなり干しという調理がおいしいとのことで
服部越瓜アラカルトという冊子を下さったのですが、主人が入院中でバタバタしていて干している暇がなさそう。
来年のお楽しみにして、鶏肉と旨煮にしてみました。

旨煮と言っても温かい惣菜じゃないですよ。
作ったら荒熱を取り冷蔵庫で冷たく冷やして召し上がれ。
暑い日にはひんやりのごちそうです。
鶏ガラだしでピリカラで煮るので煮物って嫌い・・・という方もおいしく食べられます。


*材料*

白うり 1本
鶏胸肉 1枚
鷹の爪(唐辛子) 1本分くらい
鶏ガラスープの素  小さじ1~2
水 50CC
ごま油
しょうゆ

*作り方*

1、白瓜は縦に切り、タネを取ってから食べやすい大きさに切ります。 鶏肉はそぎ切り。

2、フライパンにごま油を入れ鶏肉を炒め、火が通ったらいったん取り出す。

3、白瓜を入れてしんなりするまで炒め、鷹の爪、水50CC、鶏がらスープの素、しょうゆ少々を入れ、サッと煮含める。

4、1の鶏肉も入れる

このままでもおいしいのですが、荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やすとおいしい副菜になります。




白うりがない時は普通のきゅうりでもとってもおいしいです。
特売の大袋入りのまがったお漬物用ので十分です。
白瓜よりきゅうりは小ぶりなので4、5本使って下さい。

特に、切ってみたら中身がスカスカでスポンジみたいになってしまっているきゅうりって
生で食べてもおいしくないですよね。そういうのはこれで作ってみて下さい。
おいしくなりますヨ。ごはんにものすごく合います。

何も入れずにきゅうりのみだけで十分おいしいのですが、
今日はたこの刺身が残ったのでついでに入れてみました。
これはこれでおいしいです。ビールやお酒にも合いそうです。

きゅうりとたこの冷たい煮びたし

私は飲めないので麦酒じゃなくて麦茶をグビグビしながら
パクパク食べてますけどネ!!


レシピブログに投稿しています。
バナーをポチして下さると嬉しいです。

スポンサーサイト
Posted by まりあっち*
comment:0   trackback:0
[和食]  thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活
comment
comment posting














 

trackback URL
http://orangemint158.blog76.fc2.com/tb.php/18-4b3ccb5c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。