日々のおうちごはんです。 もうごはん食べた?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まりあっち*
 
[スポンサー広告
スパイスセミナーin大阪 ②
【スパイスを楽しく学ぶ「スパイスセミナーin大阪」レポート中!】


スパイス4


かな姐さん
かな姐さんが綺麗だったわ~
背が高くてスタイルのいい素敵な女性でしたよ~




さて、楽しくスパイスの原型を見せて頂いたりした後は、
スパイスマスターからの講義です。


テーブルの上にはスパイスの基本配合比率や各スパイスについての詳しい話が載っている冊子などを
ご用意くださっていました。
私は昔からスパイス料理が大好きなのでいろいろなスパイスに興味があり
調べたり使い方を勉強したりするのですが、どうもイマイチわからないことが多いんです。

講義1

そんな疑問もこの説明でちょっと光が見えてきましたヨ!
スパイスマスターがスライドで説明して下さった図です。
スパイスの使い方に迷ったら、含まれている精油成分が同じものは同じ使い方をするといい、と
いうことです。この表、わかりやすい!!

ほら、よく市販のルーを入れた後、チョコレート入れるとかコーヒー入れるっていう人
多いと思うのですがそれはカカオやコーヒーで「苦味」を補填してるんだと思うんです。と、いうことは
「苦味」成分である「オイゲノール」を含むスパイスを入れてやると味に深みが出るってことですね!!
ちょっとだけ理解してきた気がします!!

苦味、甘味、辛味、酸味などをスパイスや野菜、果物などを使って複雑で深い味わいに
仕上げるための選択にこの表を眺めて選ぶといい感じに仕上がりそうです。


また、私もそうなのですが「辛い!」「おいしい!!」やめられなーい!
という思考になっている辛いもの好きの人って多いと思うのです。
謎が解けました!!

講義2

「ちょっとだけ痛いのって気持ちいい~」 ←あぶないw

いえ!ワタクシ、ヘンタイじゃないですヨ!?(汗)
日常でよくありませんか?かゆいところかきむしっちゃったら痛いけど、気持ちいいから
つい掻いちゃう!とか。あれと似たような図式だったんですねぇ~

「辛い」=「痛点を刺激する」
これが快楽物資を作りだし「辛いー!でもやめられなーい!」になるんですね!!

お!これってドーパミン出るんですね?
先日、煙草がうんと値上がりしましたが喫煙でもドーパミンが出るので
その快楽を求めて禁煙しにくい、なんてTVで言ってましたが、それならば禁煙を始めたい皆さん!
辛いスパイス料理を食べてドーパミンを出して禁煙の一助にどうでしょう!!
健康にもストレス解消にも役立つスパイス、えらい!!

そういえば、名古屋でOLをしていた頃、インド料理屋さんによくランチしに行っていたのですが
インドの方が胃腸の調子が悪いときもインドカレーだったら調子良くなるよ、と言っていました。
確かに、欧風のカレーだと調子悪い時は胸やけして食べられなかったのにスパイスで調合された
インドカレーは食べると、むしろ胃がすぅっとして体調も良くなりました。

インドの方はその日、その時の体調に合わせてスパイスを選びカレーを作ると聞いたことがあります。
そこまで私がスパイスをマスターする日は果たしてくるのでしょうか??
いえ、是非そこまで極めたいものです。そういえばスパイスは漢方や薬としても使われることも多いですね。


ところで、日本では単独でスパイスを使う料理がこれまであまり普及していなかったせいだと思うのですが
「直伝」という使い方やレシピを母から子へ、みたいな流れがないじゃないですか?

「母の味」でスパイス料理っていったら皆さんは何を思い出しますか?
すでに完成された味の「カレーの素」、あれを使って母が作ってくれた味が小さい頃に食べた味、
私達成人日本人の食べ慣れた「スパイス料理」であり、「好きなもの」なんだと思うのです。
小さい頃の味覚は一生のものっていうじゃないですか。

それを思ったのが、テーブルで座っているときです。
スパイス3

写真のようにメインで使うスパイスは大きなお皿に用意されていたのですが、
注目すべきは配合のレパートリーにと用意されていた小瓶の中の1つ、「フェヌグリーク」。
以前、文献をどこかで読んだのですが日本のカレーの素にはフェヌグリークがよく使われていて、
これの香りを嗅ぐと日本人は「あ、カレーのにおいだ!」と思うらしいのです。

実際、同じテーブルの皆さんもフェヌグリークを配合された方が多く、
セミナーのレポートを拝見していてもなぜか、フェヌグリークを配合している方が多い。
私も配合した1人です。「記憶」と「香り」は密接に結びついているといいますから
どうしても日本人が惹かれる香りなんでしょうね。

しかし、このフェヌグリーク、油で上手く香りを出すと非常に甘いいい香りが出るが、
火かげんが難しく、苦味が出やすい、と聞いたことがあり、使うことに二の足を踏んでいたのですが
あ、な~るほど。

そうか~。ホールで使わずにこんな風に粉末を他のスパイスと少々配合したらいいわけだ!!
と気づきました。ハウスさん気づかせてくれてありがとう!!



さて、そんな感じで私の脳内でも、カレーを食べたわけでもないのに知識欲がムニムニと補充されて
ドーパミンが・・・・・・

あれ?
違いますか?

テーブルに置かれたスパイスのいい香りできっと快楽物質が出ちゃったんだね!!




・・・・・・・・・・・。
え?違う違う??

なになに?
なんかいい香りしてきたヨ!ってお隣から声が。
「後ろうしろ~♪」

カレー

試食だわー♪
テーブルに付いて下さってたスパイスマスターさんが、この試食のトマトのピクルスが大変おいしいんだと
おっしゃっていましたので期待です!

このミニトマトのピクルスはハウスさんから出ている「ピクリングスパイス」を使ったものだそうですが
酢の酸味とスパイスの刺激のお陰でトマトの甘さがそのまま食べるよりかなり引き立ち
とても甘く感じられました。
あれですね、甘いアイスに醤油や塩を入れるとよりいっそう甘く感じる、とか
甘いキャラメルに塩を入れると旨みが際立つ、みたいなマジックですね。
このマジック、私も料理で使おうとよく試行錯誤するのですが、これはいいわ~
絶妙なレシピ加減です!おみやげにこのスパイスを頂いたので今度作ってみます。おいしいです!

カリ

カレーはひき肉とグリーンピースのキーマカレー。
ライスはクミンシードをつかったクミンライスでした。
スパイスの使い方が鋭くなく調和のとれた使い方でおいしかったです。

そういえば、どうもスパイス料理というと鋭い味になる程ドバッと使いがちですが、
インドの方は私達が思うほど辛いカレーを食べないって言われたことがあります。
私のカイエンペッパーの入れっぷりに首を振られて「僕はそんなに辛いの食べるの無理。
インド人もそんなに辛いの食べないよ」って言われたことがあります。えぇぇ~。
ありがたくも「カライさん」とへんなあだ名を頂きました・・・・。
インド人もびっくりな辛党だったのね・・・とほほ。

そんなわけで、沢山入れればいいってわけでもないようです。
特にカイエンペッパー。(主に私が注意しなくちゃいけないことですw)
試食で頂いたお食事を参考に会場で作らせて頂いた配合スパイスで
お家でもスパイス料理を作ってみたいと思いまーす!

スパイスを楽しく学ぶ「スパイスセミナーin大阪」レポート中!


最後になりましたが、レシピブログの皆様、ハウス食品の皆様、
そしてご一緒させて頂いたブロガーの皆様、かな姐さん
楽しいひとときを過ごさせて頂き、ありがとうございました。
とても楽しかったです。


次回はスパイスを使っておうちで作ったレシピ公開!!
ちょっと頑張っちゃったんだから!!
また見に来て下さいね。



↑ランキングに参加しています。いいね!と思われたらクリックして下さると嬉しいです。






スポンサーサイト
Posted by まりあっち*
comment:2   trackback:0
[セミナー]  thema:実用・役に立つ話 - genre:趣味・実用
comment
やっと昨日の夜中にレポ書きました!
他の方のレポみなかったので、すごい!!まりあっちさん。楽しい記事も満載で、センスもよくて!!

本当に楽しかったね!
お顔も見れて良かったわ。読むたびに顔が私達は想像できるもんね(^^)
また。お会いできる機会があれば嬉しいです!
2010/10/04 09:50 | | edit posted by 桃咲マルク
>桃咲マルクさん
マルクさんのレポ、見ましたよ~!
優しい人柄が表れているようなほんわかした記事でとってもよかったですよ!私はマルクさんのレポート、好きです。

お顔を知ってるって想像できていいよねー!
こんな感じでこんな雰囲気で作ってるんだろうな~って
想像できちゃうのがいいよね!またホントにお会いできるといいね!
2010/10/04 15:02 | | edit posted by まりあっち*
comment posting














 

trackback URL
http://orangemint158.blog76.fc2.com/tb.php/25-dbf8d5a9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。