日々のおうちごはんです。 もうごはん食べた?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まりあっち*
 
[スポンサー広告
鶏と栗のスパイシー赤ワイン煮
昨日作った栗の渋皮煮を使って一皿作ってみました。
kurich1.jpg

赤ワインとスパイスがアクセントになった大人の味です。
洋食大好きな旦那サン、大絶賛。

いつもは健康に配慮してあまり使わないバターを甘い食材と肉を繋ぐために
普通に使ったのでとてもおいしかったらしいです。
今日は特別~。


このあいだ食祭で食べたインドカレーの味の広がりが感動的だったので
3ステップで味の変化が口の中で起きるように考えてみました。
1甘味 2旨み 3スパイシー
一口でいろんな味が次々に現れては変化していくのを楽しんで下さい。
あ、スパイシーっていってもカレーみたいに辛くないです。
最後にささやかれる程度です。

大成功しました。
これ、ちょっとレストランで出てきそうな味わいよ~?
味に厳しい旦那サンが満面の笑みで合格だそうです。
我が家のうちごはんの定番に決定されました。

えー!
ってことは栗の渋皮煮を毎年作るってこと?(汗)
手間暇かけたからおいしいんだけどね。

もちろん、渋皮煮がないときは甘栗や甘露煮で代用可なのです。
水と砂糖で調節してみて下さい。


*****材料(2人分)***********

鶏もも肉 1枚 約200g
栗の渋皮煮 4粒
ドライプルーン 4コ (種なし)
小麦粉 適量
バター 10g

●バター 10g
●小麦粉 小さじ1
●栗シロップ 50ml   ←栗の渋皮煮の煮汁です
●赤ワイン 50ml

◇コンソメ顆粒 小さじ1/2
◇三温糖(砂糖でも可)小さじ1/2
◇塩 1つまみ
◇オールスパイス 2,3振り

荒挽き黒こしょう 適量
荒挽きガーリック(乾燥)適量
パセリ 適量




****作り方****************

1、ドライプルーンをぬるま湯につけて柔らかく戻しておく。

2、鶏肉を適度な大きさに切り小麦粉をはたき、フライパンにバター10gを入れ焼き色がつくまで焼く。別皿に取り出しておく。

3、鶏肉を取りだしたフライパンに洗わずバター10gと小麦粉小さじ2を入れ焦がさないように炒める。

4、2に赤ワインと栗シロップをダマにならないように少しづつ入れて伸ばす。

5、プルーンと栗を各2コづつ1cmくらいに切り(残りはとっておく)1と一緒に3へ入れる。

6、煮込んだら味を見ながら◇を入れる。
そこへ残りの栗は適当に大きくちぎり、プルーンはそのまま入れて少し煮る。

7、お皿に盛りつけたら荒挽きの黒こしょうとガーリック、パセリを上から散らすようにかける。



******************************

栗の渋皮煮はこちら





ランキングに参加しています。ポチして下さると嬉しいです。



スポンサーサイト
Posted by まりあっち*
comment:2   trackback:0
[洋食]  thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活
comment
とってもオサレe-446
中学生のお姉ちゃんもコレ食べてるの?e-420

やっぱり美味しいモノを食べるには、
渋皮煮から、頑張んなきゃかなe-330

私も「ささやかれ」たいデス( *´艸`)
2010/10/21 04:16 | | edit posted by たま
>鍵コメさん
気にいってもらえて嬉しいです!感激!
そちらにお返事しましたヨ。
2010/10/21 08:28 | | edit posted by まりあっち*
comment posting














 

trackback URL
http://orangemint158.blog76.fc2.com/tb.php/39-4dd469f0
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。