日々のおうちごはんです。 もうごはん食べた?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by まりあっち*
 
[スポンサー広告
冬瓜のトロトロあったかスープ
寒いね~。
急に我が家も寒くなって昨日の朝は今秋初めてガラス窓に水滴がついてました。

そしてちょっと風邪ぎみ。
よけいに寒ッ!
こんな時はあったか汁物であったまろ。

tou1.jpg

こういうときって優しい味でとろみのある味が食べたくなる。
昆布、乾物しいたけ、かつお節でゴージャスに出汁を取り、
醤油、味醂、塩を少々。
ウマウマなエキスたっぷりを吸わせたトロトロに煮込んだ冬瓜。
フワフワ鶏つみれ、隠し味にごま油タラリ。ヤワヤワしいたけ。
ん~たまらん!(笑)


大きな冬瓜。とってもお値打ちだったの。
直径を計ってみたら28センチ。大きい!
tou2.jpg

産直で売ってたのですが、あまりの立派さについ、重いのに買ってしまった。
地元のおじーちゃん作。作った人の名前付き。
地の物をそれが取れる季節に食べることは体にとってもいいと聞く。
とろみを付けると消化器官にも優しくていいとどっかで聞いたのよ?
冷めづらくなるしね!片栗で最後にちょっとスープにとろみ。
今日は健康的に食べるスープで体に優しく温かにいこー。

「え~?冬瓜?遠慮していい?」という野菜嫌い旦那サン。
ひーとーくーちー食べてみなさーい!

・・・・・・。
うまいね。

でしょでしょ!
煮物を全く食べない、野菜も食べないと義母に聞いていたのですが
最近は、私の迫力の恐怖・・・・  ←幻よ!何も見えないわよね?w
私の愛情溢れる体を心配する情熱に根負けして口にするようになった旦那サン。

冬瓜は元々味らしい味なんてないとても淡泊なお味なので
旨み成分をギュギュッと封じ込めてやればおいしくなるじゃな~い?(ニヤリ)
一口食べればこっちのものよ!  ←鬼嫁ですね?(ウヒヒ。)

作りたてより、一晩置いた方がさらに味がしみ込んで
超絶おいしいので沢山作って翌日もドウゾー。



そういえば、出汁の話。
おねーちゃんの時は離乳食って3か月くらいから果汁から慣らしましょ~
なんて早かったんですが、最近は5カ月すぎからでいいそうで育児界も
変動があったようで。
その頃、昆布だしで炊いて潰したおかゆや、野菜を食べさせていたのですが
これがちーっとも食べないの(笑)笑いごとじゃないけど。

病院の小児科管理栄養士さんになぜでしょー?と相談したわけです。
なるべく塩分を控えめに出汁を効かせましょう、とあるけれど
出汁だけじゃ全く食べてくれません、と。

いろいろ話合った結果、ちっとも原因がわからなくて
「おかしいですね、うーん、昆布だし、どうやって取ってます?」と
聞かれたので「はい、お水に浸してそれから沸騰させずに弱火でゆっくり煮だしてます」
「うーん・・・・・」
「はー・・・・・」


「まりあっちかーさん、お水にどれくらい入れてから火にかけてます?」
えーっと、割とすぐ。5分くらいかな?

原因はそこでした!^^;
水に入れてしばらく放っておかないと昆布は旨みが抽出できないんですよ、って
20代と思われる滅茶苦茶若い男性に教えられてしまいました。ショックー。
そこの小児科病棟では、お昆布の出汁をタップリ効かせて、塩分は出来るだけ控え、
新鮮な野菜を使って毎日入院中の乳幼児の食事を丁寧に手作りしてます!
って誇らしげに笑顔で話す栄養士さん、
いい仕事してるんだろうなって微笑ましくなりました。
みんなよく食べてくれるそうです。

私の実家では、昆布だしをあまり取らなかったのです。
名古屋は赤味噌を使うのでかつお節を使うことが多いのか
実家ではかつお厚削り節で出汁を取っていることが多かったです。
合わせ出汁を取ってる時もあったんですが、最初から見てることがなかったので
昆布を入れてからすぐかつお節を入れて出汁を取ってるんだろうな、と
思い込んでいたようです。 ←ダメじゃん!(笑)


なんちゅーことでしょう!
基本中の基本がなっていないのによくこれまで料理してたもんです(笑)
それからおチビは昆布だしで炊いた食事を食べるようになりました。
学習したこと:昆布はよく水で抽出してから沸騰させずに弱火で煮だすこと。
ボコボコ沸騰させると汁が濁ったり臭みが出ます。 ←これは知ってた

お陰でおいしいお出汁で頂くことが出来るようになりました。
何か怪しいことしてたら、お世辞なんかいらないので
あ、そこ間違ってるよ!って教えて頂くと嬉しいです。^^

さて、レシピですが、
簡単すぎて困ったな(笑)

4人分

冬瓜 1/4個
鶏ミンチ肉 200g
片栗粉 大さじ1
ごま油 少々
塩 少々
三温糖(砂糖でも可)小さじ1/2

生姜すりおろし 1かけ
片栗粉(とろみ用)


●出汁(余分に作っていますので半分量でいいかと)

水 1.5L 
昆布  ←水の2%の分量 20g(本当は30gですよ~^^;)
乾燥しいたけ (スライス)3個分くらい
かつお厚削り節 30g


●返し(これを出汁に入れて味をつけます)
※出汁1000mlに対して入れています

醤油(濃口)100ml 
味醂 100ml
塩 少々

※薄口醤油で作る関西風の場合は塩分が濃いので醤油と味醂はもっと少しにします
私は濃口に舌が慣れてるので濃口で作ります^^
醤油とみりんは味を見て調節して下さい。計るより舌の感が大事です。



<作り方>

1、水に昆布と乾燥しいたけを入れてしばらく置き(30分程度)、よく戻ったら
グラグラ煮立たせないように弱火で出汁を取ったら一旦取り出し、
今度は中火(ちょっと強火)にしてかつお厚削り節を入れ、30分程煮て出汁を取る。
アクはこまめにすくい取る。
濾したら出汁完成。

2、1で作った出汁に皮を剥いて大き目に切った冬瓜、戻したしいたけを入れて煮る。

3、2が沸騰してくる間に鶏ミンチに片栗粉、ごま油少々、塩少々、を入れて練り、
沸騰してきたら一口大(小さめ)に丸めて鍋の中にどんどん入れる。

4、返しを入れます。弱火でコトコト煮込みます^^
火を止めて一晩置くと味がとってもしみ込んで体に染みわたるお味なので
お時間あったら翌日まで寝かせて下さいませ。

5、味が染みたら再沸騰させて(ボコボコ禁止)
生姜のすりおろしを入れ、水溶き片栗粉を入れてゆるーくとろみをつけます。
とろみと生姜であったか効果を狙います^^

薬味ねぎを散らして召し上がれ。
注ぐ器を熱湯につけておいてスープが冷めないようにするのがコツっていえばコツです。
熱々で召し上がれ~



これを食べてよーく寝たら
今日はケロッと風邪が治りました^^
冷え症の方もどうぞお試し下さいませ。
ワタクシ、ひどい冷え症でしたが、数年前から治りました。
生姜おすすめでございます。




え?余っただし汁何に使ったかって?
えっへっへ。 ←やめなさい(笑)

天ぷらの天つゆと、またまたはやとうりさんのなめたけレシピで
なめたけ!
tou3.jpg

うわぁぁぁー!
今まで瓶詰のしか食べた事なかったけど、これ別物のように超絶うまーい!!(驚)
旦那サン、なめたけ嫌いでずっと食べていなかったそうですが
これは「旨い!!」と唸って黙ってご飯ワシワシ食べておりました。
嫌いなもの、また1つ克服でございますよ~

今、冷蔵庫見たら、この画像の半分がもうなくなってる!!^^;
どんだけ食べたの(笑)
はやとうりさん、我が家の白ご飯がピンチです(笑)
滅茶苦茶減ります(笑)
おいしいレシピありがとうございました^^











































スポンサーサイト
Posted by まりあっち*
comment:4   trackback:0
[和食]  thema:うちのごはん - genre:結婚・家庭生活
comment
まりあっちさん こんにちは♪

冬瓜のトロトロあったかスープ美味しそうだ事
体にも優しい味だと思います
ところでとろみの付け方ですが本当はくず粉の方が時間が経っても濃度が薄くなる事無くとろみが保てる事知っていましたでしょうか
ただコストが高くつくという欠点がありますが美味しさはまるで違います
え??我家片栗粉を使っていますが何かご不満でもv-12 えへへv-392

なめたけ美味しいでしょ おかずなくてもご飯が食べられる
ただ米が~~~~~~~~~~~~v-355
飛ぶように逃げていく
2010/11/26 15:39 | | edit posted by はやとうり
冬瓜大好き!!
近所のおじさんが、よく冬瓜の煮物をくれていて、義母も旦那も他人が煮たのが嫌?らしく私がいつも1人で食べていました。すごく美味しくて(^^)
それから、私も冬瓜を炊くようになり・・・。
旦那も冬瓜が苦手で・・・でも最近、美味しいね!!
・・・て好みが変わったの!
そうなの!義母から聞かせれていたも苦手な物が、ドンドン食べれるよね!これぞ、嫁パワー?(*^^*)

はやとうりママさんの特集ですね!
本物を作られる方だから、間違いないですね!
美味しいに決まってるわね(^^)

まりあっちさんの、お話も私は好きで楽しく読んでます!!
2010/11/26 21:20 | | edit posted by 桃咲マルク
>はやとうりさん
えっ!それは知りませんでした!!v-12
また1つ賢くなれました!

葛っていうと和菓子に使うようにもっちりと透明の膜の
ようになる状態でしかあまり使わないかと思ってました。

オゥッ!
今調べたら、血行促進、体を温める作用があるんですね。
同じデンプンでもじゃがいもでんぷんは体を冷やす、と。
しかも、本葛粉、と書かれていてもじゃがいも、とうもろこし、さつまいもの澱粉混入のパーセンテージが多く含まれるものもある、と。

おかーさん!本葛粉なんてものすごく高いのでは?(汗)
もぅ~。しかもシマッタ!ですよ。片栗粉だって本物の片栗なんかから抽出したもの、めっちゃ高いに決まってるから、うちで使ってる片栗粉は何から出来てるかな?と表示みたら、どひゃー。体を冷やすっていう馬鈴薯澱粉でしたヨ!^^;

さらに調べたら、近年は片栗粉というとほぼジャガイモから抽出したデンプン粉のことを指すようになってしまったと。
も、もももしかして、とろみをつけないほうが温まるのかしら?^^;

でも、葛って調べてみると、冷めると固まるのですね。
なかなかおもしろいです。機会があったら作ってみますね!お金持ちになったら是非、おーほほほ!うちは本葛粉使用ざますのよ!とか(笑)
(絶対なさそう(笑)

白米、食べすぎると太るので困りますね~^^;
ちょっと隠しておこう(笑)
2010/11/26 23:22 | | edit posted by まりあっち*
>桃咲マルクさん
冬瓜、おいしいよね~
学生の頃、友人のおうちで初めて冬瓜の肉そぼろあんを食べておいしさに感激したものです!(実家、鶏肉食べないので作らないの)

うちは母が冬瓜スープが嫌いでした。
昔、小さい時に戦後で貧しくて冬瓜汁に小麦粉を練ったものを落としたものばっかり食事に出て来たのですっかり大嫌いになったそうです^^;
(すいとんという名前らしいです)

でも、この小麦粉を練ったもの、外国ではダンブリングというらしいですが、私はビーフシチューに落として浮かばせるのがおいしくて結構好きなのv-238

う~ん、最初の頃はレシピだけにしようと我慢してたんだけど、どうもいろいろ書いちゃうのよねぇ。
いつも読んでくれてありがとう!!^^
2010/11/26 23:42 | | edit posted by まりあっち*
comment posting














 

trackback URL
http://orangemint158.blog76.fc2.com/tb.php/60-53856811
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。